上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真夏の夜。

渋谷ラママ。

BOOWYのGIG。

     ・
     ・
     ・

21歳の長身のギタリストは、

足元のモニターの後ろに座り、熱い眼差しで自分を見上げてる少年に、

飲んでいたハイネケンを、そっと差し出した。


少年は、少し驚いた表情をしたようだが、ひとくち飲んで返すと、

長身のギタリストは、それを一息に飲み干し、

そして、その少年に、

優しく、微笑みかけてくれた。

     ・
     ・
     ・

大切な、青春の宝物。




▼さらば青春の光 / 布袋寅泰



<完>

スポンサーサイト
あのバンドの方には全く興味ナシだけど、hideさんはリスペクト。

10代の頃に出合ったいたら、また違った人生になっていたかも。

hideさん亡きあと……、いまのところ誰もいません。

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

▼Ever Free / hide





▼Pink Spider / hide





▼ROCKET DIVE / hide




▼Hurry Go Round / hide


その昔、地元をぶらぶらしていると尋ねられたりしたものです。

前から追っかけ軍団ぽいのが近づいてきて……
「すみませ~ん蘭丸さんのお家この辺りですよね知ってますか?」

僕はその都度……
「誰?知らないけど」

そんなことが何度かありましたが、知っていてもそんなことちくるわ
けないじゃん。

ライブハウス時代には数回、ホールは渋谷公会堂だったかで見たけど、
やっぱり今でもカッコイイな。




▼Boys Jump The Midnight / Street Sliders





▼のら犬にさえなれない / Street Sliders


BOøWYに熱狂していた1982~1984年。

だぶん高校生だった。

新宿LOFTや渋谷LIVEINのときはいつも最前列で氷室さんと布袋さんの
間に陣取って拳を突き上げていた。

最後のライブはメジャーデビュー直後の渋谷公会堂。

広いホールの後ろの座席からぼんやりとステージを眺めていた。

最後の東京ドームにも行かなかった。

あれからうん十年経った最近、「LAST GIGS」のDVDを買って見た。

あのとき変わってしまったのは、BOøWYではなくて、自分だった
んだと、知った。

     ・
     ・
     ・
     ・
     ・

▼PROLOGUE~B・BLUE / BOøWY





▼季節が君だけを変える / BOøWY





▼TEENAGE EMOTION / BOøWY


洋楽にハマリ始めた中学生の時のこと、LP「Dream Police」を聴いて、
てっきりブリティッシュかと思っていたら、実はアメリカンだったと
いう…。

デビューは80年代より少し前だけど、数少ないUSA産で好きなバンドな
んです。




▼Way Of The World / Cheap Trick





▼The Flame / Cheap Trick



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。