上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月2日はリトルウイングさんのお誘いで、秩父方面へサイクリング。

僕がセンチュリーライドと峠デビューをしたがっているとの噂を聞き、
態々それらを達成できるルートを企画してくだり、当日はランチのセ
ッティングも含め、最初から最後まで大変お世話になりました。

リトルウイングさん、ありがとうございました。




7時40分に武蔵村山スリーエフで待合せ。

峠デビューを前に、逸る気持ちを抑えきれず、30分前に到着。

本日ご一緒させていただいたのは、峠名人リトルウイングさん、実は
坂好きだったというのが最近ばれ気味なともちんさん。
2010050501.jpg
▲武蔵村山スリーエフ




予定としては、名栗~山伏峠~秩父でランチ、その後は様子を見て決
めることに。

ひとまず名栗へ。

名栗といえばターニップ。

しかし本日は時間的都合によりスルーなので、黄色の建物を横目で追
いながらr53を先へ。




自宅からおよそ60km。

峠デビューの舞台となる、山伏峠の麓へ到着。
2010050502.jpg


事前にルートラボで見たところ、山伏峠は4kmで平均斜度7%程。

ビギナーにはいい感じぽい。


ひと休み後、なぜか僕を先頭にのろのろと坂上り開始。

とにかく初めての峠だし、最初は様子見速度で。

というか、なんで僕が先頭なのかと。

心の中で、早く二人とも前に出てくれないかと思いながら。


峠を上るときのポイントとして話には聞いていたが、九十九折のイン
側は、斜度が遥かにきつくなっていると。

だが、何度か思いっきりそれに突っ込む。

その繰り返しが徐々に効いてきて。

心拍数も180を超え、ガーミン様がビービー鳴ってるしで。

半分付近で減速&終了。


後は予定通り。

リトルウイングさんに越され。

ともちんさんに越され。

少々殺風景な山伏峠へ最後尾でゴール。


ロードバイク歴5ヶ月にして、やっと、峠デビュー!
2010050503.jpg
▲山伏峠 チームURIBOZの面々

山伏峠は、小山田周回のメモリアルパーク坂が延々と続いて、たまに
10%超えがある感じたった。




峠、

いいかも…。


でも、このくらいが、

限界…。


つづく

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。