上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●走行日時:2010年8月23日(月)

◆ルート


■ルール
・できるだけ線路沿いを走る
・できるだけ各駅に立ち寄る。
・飽きたらそこがゴール

----------

京王井の頭線は渋谷駅から吉祥寺駅までを結ぶ17駅。

路線距離12.7km。

急行だと渋谷駅から吉祥寺まで20分ほどの短路線。

実家が吉祥寺なので、幼い頃から今日までずっとお世話になっている。

そんなわけで、今後も続くのかどうか分からない企画の、第一弾に抜
擢させていただいた。

----------

○渋谷駅
2010082301.jpg

今回のスタート駅。

駅前はカオスワールド。

撮影して早々に撤収。

渋谷マークシティ横の激坂?を上り道玄坂に。

そして初っ端から迷走発生。


代々木公園手前で何かが違うことに気づき、慌ててUターン。

(帰宅後にGPSを確認したところ、迷走とかいうそんな生易しいものじゃ
なかったようだ…)


道玄坂まで引き返しルート復帰。

が、しかし、再び迷走…。

神泉駅を見逃し駒場東大駅手前まで走ってしまう。

来た道を引き返して、再度ルート復帰完了。



○神泉駅
2010082302.jpg

思うようなルートを走れずぐだぐだで到着。

やはりビルの谷間は走り辛い。

頼みのGPSも挙動不審になるし。

渋谷駅~神泉駅は路線唯一のトンネル区間ということで。




山手通りを越えると、仕事や遊びの街から暮らす街へと、様相も少し
ずつ変化。




○駒場東大前駅
2010082303.jpg

駅の北側はほぼ東京大学の敷地なので付け入る隙なし。

2010082304.jpg

線路沿いの道は駅前で行き止まり。

仕方なく自転車担いで階段を降りた。

2010082305.jpg
▲駒場東大前駅~池ノ上区間




○池ノ上駅
2010082306.jpg

踏み切りを2回渡って、なんとか線路沿いを確保。

良ルートだった。


しかし、井の頭線の地味駅ベスト3に入るのは、間違いないだろう。

だってほら、次が尚更だしさ…。




○下北沢駅
2010082307.jpg

下北沢駅は小田急小田原線とも接続している。

つまり、渋谷へも新宿へも楽々アクセス可能な、神ステーションだ。

雑誌のよくある特集で、若者が選ぶ東京でいちばん住みたい街ベスト
3に入るとか入らないとか。

僕も20代のときに数年間暮らしていたが。

家賃は高かったけど、刺激的な街だった。

いまはどうか知らないけど。

いい飲み屋も多かったし、音楽や演劇とか熱い街だった。

また暮らしたい。




久しぶりだったので少しうろうろした。

cafe sacoche」の場所もチェックOK。

どなたかご一緒にいきましょう。




○新代田駅
2010082308.jpg

2010082309.jpg

駅の出入口は環七沿い。

排気ガス地獄だった。

でも駅の東側は住み心地良さ気ないいとこなんだよ。

下北沢在住時によく散歩したし。

♪今夜もふたりで~歩かないか~♪ by RCサクセション

なんてね。




○東松原駅
2010082310.jpg

新代田~東松原区間って500mあるかないかという。

新代田からおもいっきり見えてますから。

実は東松原駅をホームの外から見たのもこの日が初めてだった。




○明大前駅
2010082311.jpg

東松原~明大前はほぼ線路沿いルート確保。

ここも駒場東大前と同様のキャンパスタウン。

駅と駅の北側を流れる甲州街道を挟むように明治大学。

そして京王線とも接続している、京王鉄道の重要拠点だ。

下北沢駅同様、渋谷へも新宿へも楽々アクセス贅沢ステーション。

2010082312.jpg
▲明治大学キャンパス横の陸橋から

線路沿いに甲州街道のパスポイントを発見できず大きく迂回。

この辺りからはしばらくの区間を線路と平行して通る井ノ頭通りもあ
るが、さらに線路沿いの良ルートを発見。

永福町駅へ。


つづく

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。