上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年10月9日(日)




ともちんさん、リロウィンさんと一緒に、山伏峠を越え秩父まで走っ
て、「わらじカツ」を食べてきました。

今回、いちばん心拍数を上げてしまった山王峠を越え、名栗湖を通過
して、山伏峠の麓で休憩。
2011100901.jpg




思い起こせば昨年の5月、峠デビューしたのがここ山伏峠。

そして今回も同じメンバー。

懐かしい気分に浸りながら上りました。

デビューのときはスタートから何も分からずに100%でいってしまい、
半分もいかないうちに終わってしまったので、今回は心拍をメディオ
内に抑えて上ってみた。

先行スタートしていたともちんさんに追いついても、前を行くリロ
ウィンさんが見えなくなってもマイペースで、寂しい峠にゴール。
2011100902.jpg




峠を下り、「ボクの自転車で走りたくない道ベスト10」の上位にラン
クインしているR299をクリアして、「鹿の子」に到着。
2011100903.jpg




メニューにはラーメンセットというのもあったけど、完食できる自信
がなかったので、ふつうにわらじカツ丼。

ふつうでカツが2枚のっていましたよ。

カツも柔らかくて味もしつこくなかったので、美味しくいただけました。
2011100904.jpg




復路は往路をそのまま戻ることに。

みなさんの胃袋にたっぷりと満たされた「わらじ」効果で、のんびり
鈍行トレイン。

途中、「道の駅 あしがくぼ」に停車。
2011100905.jpg

2011100906.jpg




再び山伏峠へ。

会話しながらスローペースで上ったおかげでしょうか、北側からの方
が楽に感じました。

峠の途中で、お母さんと小学生くらいの娘さんが自転車を押し歩きし
ていたのに遭遇し、驚き&感動で、素敵な光景でした。


しかし峠を下った頃から、さっきまでの鈍行トレインが、いつの間に
やら急行トレインに変身。

リロウィンさんもともちんさんも何かに取り憑かれた様に、ビュンビ
ュン飛ばします。

こんなときに限って、幸か不幸か信号にもつかまらずに、かなりの距
離を急行トレインで暴走するハメに。

僕の場合、「運転手」と「乗客&車掌」では、同速度でも心拍数には
20の差があるので、当然、「運転手」をするのは辛い。

そして僕が「運転手」をすると、せっかくの急行が鈍行になってしま
い、毎度心が痛むけど、こればかりはどうにもなりません。


帰宅したら、「わらじ」はすっかりと消化されてしまったようで、腹
ペコ状態。

見た目とは裏腹に、「わらじ」は意外と消化がよかったようです。

これならば、ラーメンセットでもいけたかも?と、少し後悔。


今回は往路に峠2、復路に峠1で、それぞれの上り区間でペースを抑
え気味にできたので、最後まで完売にならずに済みました。

みなさん、お疲れさまでした。


【走行距離:165km】

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。