上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.12 松姫峠
2010年10月11日(月)


ゆきちさん、リトルウイングさん、ともちんさんにご一緒させていた
だき松姫峠へ。


ゆきちさんとは前回のサイクリングからはかなりご無沙汰。


タイ焼き公園で、ともちんさん、リトルウイングさんと待ち合わせ。

高尾駅セブンで、ゆきちさんと合流し、4人でR20をサイクリング。


最初の難関、大垂水峠。

高尾側から上るのは初めて。

いちばん後ろでゆっくり上ろうとしたが。

成り行きで、先頭のゆきちさんの後ろに。

当然、あっという間に千切られて、大垂水峠ゴール。
2010101101.jpg


しかし、あとのお2人がいつまで経っても上ってこない。

ふつうならありえないので、ゆきちさんが様子見へ。

ひとり峠でまっている間、某チームジャージの方々が、次々と凄い勢
いで上ってくる。

次元の違うスピードに驚愕しつつ。

それでもまだ戻ってこないので、僕も下っていくと3人が上ってきた。

リトルウイングさんパンクだった。




ひとりサイクリングなら、ここで腹いっぱいで、即帰宅のとこだが。

今日はそういうわけにはいかない。

大垂水は、ただの前菜。

メインディッシュは、まだ、遥か彼方。
2010101102.jpg




猿橋のセブンイレブンでひと休み後、r505~R139で松姫峠へ。

道中、リトルウイングさんには、スイッチON!スイッチON!と幾度も煽
られつつ、深城ダムへ到着。
2010101103.jpg


小休止後、再スタート。

峠まで10kmほど。

どうやらサイクリングペースもここまでのよう。

途中、一瞬だけ先頭。

しかしあっという間に、ゆきちさんの背中が見えなくなる。

圧倒的な速さだ。


僕はといえば、淡々と貧脚ペースで上っても、勾配が俄然きつくなる
と、それすらおぼつかなくなった。

休んでしまおうかどうか悩んでいると。

後ろから、ともちんさんの影が。

蛇行しながらずんずん上ってくる。

そして、ともちんさんの背中も、あっという間に視界から消え去り。

悔しいので、蛇行走行を真似させていただくと、これがめちゃ楽では
ないか!。

なんでこんな楽ちんなことを前もって教えてくれなかったのか。

僕の場合は、速さとかよりも、楽に上れるなら、それでOKなので。

これならば和田峠も、足着きなしで上れそうだと思い巡らせていると、
松姫峠ゴール。
2010101105.jpg


しかし、今日は何かが変だ。

間違っている。

いつもなら、僕よりはるか以前にゴールし、くつろいでいらっしゃる
リトルウイングさんが、いないではないか。

再パンクかと心配していると、まさかの最後尾で上っていらした。

どうもだらだらな上りは苦手のこと。

リトルウイングさんの弱点を発見できたのは、松姫峠のおかげだ。
2010101107.jpg




帰路はあんなとこやこんなとこに立ち寄った。

ランチ予定だったアース・ガーデンは残念ながら混みこみでパス。

アース・ガーデンに期待してチャーちゃんまんじゅうをスルーし
てしまったことを激しく後悔。
2010101108.jpg
▲チャーちゃんまんじゅう

2010101109.jpg
▲アース・ガーデン




R411~吉野街道~多摩川で帰宅。

過去のサイクリングでいちばんハードだった。

完全に脚死亡。

少なくても2週間は自転車活動を自重しないと社会復帰できなさそう。

ゆきちさん、リトルウイングさん、ともちんさん、今回もありがとう
ございました。


【走行距離:154.8km】

Secret

TrackBackURL
→http://longslowdistance2009.blog100.fc2.com/tb.php/129-692bc1b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。